スポーツ障害

treatment1

数多くのアスリートのトレーナーを兼任している施術家が診る

スポーツ障害とは、スポーツによる過度な身体への負担(オーバーワーク)やくり返しの運動によって様々な箇所で引き起こされる症状のことを言います。 スポーツによって症状や引き起こされる箇所はそれぞれ異なり、主な原因として、筋肉の酷使、筋肉への大きな負担、長期の負担などが挙げられます。 当院長は長年アスリートのトレーナーをしておりますので、適切な処置を施すことをお約束します。

スポーツ障害の施術法

スポーツ障害を生じた場合、症状にもよりますが、基本的にはRICE処置を施します。 RICEとは休息(Rest)冷却(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)の略です。 休息(Rest) 患部を包帯などで固定し安静にさせます。 冷却(Ice) 患部を氷嚢などで冷やし組織の血管を収縮させ腫れや炎症を抑えます。 圧迫(Compression) 患部を包帯やサポーターなどで圧迫することにより内出血や腫れを抑えます。 挙上(Elevation) 患部を心臓より高く上げることによりリンパの流れをよくして腫れを抑えます。