使い方

2020.06.12

STEP2:デモサイトのサンプルデータを自分のホームページに反映させる

テーマのインストールが終了したら、サンプルデータを反映していきます。

サンプルデータを反映することで、ACCESSページやお問い合わせページなど、
ご購入前にデモで見ていただいたサイトと同じサイト構成のサイトが出来上がりますので、
このSTEPまで行っていただくことをお勧めいたします。


準備:プラグインのインストール


まずはプラグインを導入します。

プラグインとは、ご自身のホームページに特定の機能を追加するための道具のようなものです。

今回は、サンプルデータを反映させるために必要なプラグインを一つインストールします。

1)ダッシュボード > プラグイン > 新規追加 をクリック



2)キーワード欄に「Widget Importer & Exporter」と入力します。

  すると、Widget Importer & Exporterというものが表示されます。
  (下図の黄色で囲んであるものです。)
  そちらの「今すぐインストール」ボタンを押します。



3)インストールが完了したら「有効化」を押します。



xmlファイルのインポート



1)ダッシュボード > ツール > インポートをクリック


2)WordPressの「今すぐインストール」をクリック


3)WordPressの「インポーターの実行」をクリック



4)「ファイルを選択」をクリックし、お買い上げ後ダウンロードいただいたファイルのうち、
「×××.xml」という名前のxmlファイルを選択します。
選択したら、「ファイルをアップロードしてインポート」をクリック

※zipファイルのままだとインポートできませんので必ず解凍してください。




wieファイルのインポート


1)ダッシュボード > ツール > Widget Importer & Exporterをクリック



2)「ファイルを選択」をクリックし、お買い上げ後ダウンロードいただいたファイルのうち、
「×××.wie」という名前のwieファイルを選択します。
選択したら、「ウィジェットをインポート」をクリック

※zipファイルのままだとインポートできませんので必ず解凍してください。


以上で、xmlファイルとwieファイルのインポートが完了しました。
ここまででデモサイトと同じページが作られました。



グローバルナビゲーションの設定



グローバルナビゲーションとは、ホームページの目次のようなものです。
こちらもデモサイトのように設定していきます。


1)外観 > メニュー をクリック



2)グローバルナビゲーションのチェックボックスをクリックしてチェックをし、「メニューを保存」をクリック





ご自身のホームページにアクセスすると、デモサイトと同じ見た目になっていますのでご確認ください。